News

2017.11.15

Event

日本の美意識を現代的なデザインにて展開する日本ブランド「matohu」POP UP STOREを期間限定にて開催
期間限定:2017年11月15日(水)~28日(火)

日本の美意識が通底する新しい服の創造をコンセプトに、色や形、歴史や文化までをふくめて、日本人らしいオリジナルなスタイルを広く世界に発信つづけているブランドmatohuより、今回、期間限定のPOP UP STORE OPENを記念して、matohuらしいコンセプトを取り入れやすい形で表現したバッグやポーチなどの小物ラインがデビューいたします。

今回のテーマでもある「かさね色目」は、移り変わる季節の風景を「色」の重なりと「名前」で表現し、身にまとうことを楽しんできた日本人が古来から持ち合わせていた感性からのインスピレーションから生まれました。

そんな色と色とが織りなす「かさね色目」の美しさから、デイリーからお着物にもコーディネート可能なバッグのシリーズと、肌寒いこの季節にぴったりの軽やかな羽織ニットアイテムが登場いたします。これまでのコンセプトから組み立てたクリエーションとは一味ちがう、日々の暮らしに溶け込むmatohuらしいデザインが新鮮です。

是非この機会に、matohuの世界観をご体感くださいませ。

 

 

matohu

2005年創立。matohu (「まとふ」と書いて「まとう」と読む)は、単に服を着るだけではなく、積極的な美意識で身にまとう様子「纏う」と、性急に消費し捨てるのではなく、固有の美意識が成熟するのを待とうという呼びかけである「待とう」を含んだもの。
日本の美意識が通底する新しい服の創造をコンセプトに、色や形、歴史や文化までをふくめて、日本人らしいオリジナルなスタイルを広く世界に発信つづけているブランドです。また2005年のブランドデビュー時より毎シーズン、東京コレクションにて展開し続けています。

designer 堀畑 裕之/関口 真希子

堀畑裕之:大阪府生まれ。同志社大学文学部卒、同大学院ドイツ哲学専攻修了。関口真希子:東京都生まれ。杏林大学社会科学部法律政治コース卒。その後、共に文化服装学院アパレルデザイン科へ進学。1998年より、それぞれパタンナーとしてブランドに勤務し、2005年、matohu設立。06年より、東京コレクションに参加。09年、毎日ファッション大賞新人賞、資生堂奨励賞受賞。11年、「慶長の美」展(スパイラル、熊本市美術館)。12年、「日本の眼―日常にひそむ美を見つける」展(金沢21世紀美術館)。13年、国際ウールマーク賞日本代表。

matohu 公式サイト
http://www.matohu.com/ja/